テーマ:coffee break

いくつかの場面

普段、何気なく目にしている光景が、 意識的に切り取られると、 妙に抽象的なイメージになったりする。 「               」        「               」 「               」 … 「               」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもの…

     いつもの みち   いつもの みち   いつもの みち   これが わたしには いつもの みち      あの そら      この かぜ      この おがわ        がっこうまでの このみちが   いつもの みち   いつもの みち   これが おもいでに なるひは いつ         あの くも  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春なのに…♪

「恋のバカンス」など作曲 宮川泰さん急逝 ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」や 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」のテーマ曲などを手掛けた 作曲家の宮川泰(みやがわ・ひろし)さんが21日、 虚血性心不全のため都内の自宅で亡くなった。75歳。 午前10時を過ぎても起きてこなかったため、 妻禮子さん(73)が様子を見に行ったところ冷たくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご宿泊? (フリータイム実施中 PARTⅡ)

この記事に書き込めるコメントの上限に達しました。 むふふ…。 何度見ても気持いい~! さてとお次は? やっぱり五・七・五しりとりがいいな。 こっそり、やりまひょ。 #06-023/#0158 by THELONIOUS
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は南南東

鬼さんこちら~! さてさて、今回の記事も、貼り付け仕事の手抜き記事! もう、わが国の食品の消費意欲を促進し、 拡大する主役はコンビニなんですなぁ… 「恵方」は、歳徳神という神様がいる方位のことで、 節分の夜、その方向を向いて無言で食べると、福を呼ぶといわれている。 「縁を切らない」ため、太巻きも切らずに丸ごとかぶりつく。 江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日連話 「えちご屋ヒロ吉物語」 その六

ヒロ吉は熱い湯豆腐を口の中で、ホ~ホ~と転ばせながら食べていた・・ 『うめぇ~、やはり寒い時は湯豆腐にかぎらぁな・』 京都はどんぶりの底の様な地形を成し、 夏暑く、冬はこれまた殊更に冷え込む土地柄だ、 まぁそんな意味で湯豆腐料理が一層喜ばれるのかも知れない・・   『これ! そこの町人・』 と背後から呼びかける声・・ 「えっ! あっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日連話 「越後屋ヒロ吉物語」 その伍

「旦那様、与力同心の木村様が至急の御用とかでお越しあそばされましたが・・」 『何?・至急の用とな、構わぬこれに通せ・・』 「御免くださりませ、木村忠吾にござりまする」 『おぉ 忠吾か中に入れ、して急用の赴きとはなんじゃ、申してみよ・・』 「実は相模屋抜け荷の件に付きまして、  明後日にも御白洲に於いて吟味の運びとなりましたが   唯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の散歩道+バトンは捨てろっ!

【冬の散歩道】 乾燥しまくってます。 でも、綺麗な空の色でした。 ま、このくらい陽射しがあれば、クルマの中に居れば暑いくらいですね。 しかし、なんとも色的に面白くもなんともない写真だ。 今回の写真は、最近いつも携行しているデジカメ君です。  お、全面横断歩道か?ってな感じで、  とりあえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日連話 「越後屋ヒロ吉物語」 その四

渡月橋の程近き処で釣り糸を垂れている一人の侍・・ 銀で拵えた煙管(きせる)を咥えているところみると下級武士ではなさそうだ、 目鼻立ちはスッキリとして眼光は鋭い・ さきほどから竿の先にしきりにアタリはきているのだがそれをしゃくり上げようともしない・ それどころか侍の視線は渡月橋の上を行き交う町衆達に向けられている・・ 「あぁ・・奴だな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○

 ちょっとひと休みしませんか? カメラのお話のときに紹介した、OPLYMPUS OM-10で、撮った写真を 何枚かスキャンしてみました。 撮影データによると、1980年(昭和55年)頃に撮ったものです。 季節はずれであったりしますが…      相変わらず、世間では、毎日毎日、           様々な事件の報道が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日連話 「越後屋ヒロ吉物語」 その参

京都・洛西の閑静な屋敷町。 とある建屋から赤子の泣声が聞こえる。 春まだ早い季節のこと。 メイと名づけられた娘は、乱世を向かえ嫁ぐ貴子の当てもなく 近隣の機屋へ奉公に出ざるを得ぬ身であった。 機屋への通い道、見知った顔に出会ったメイ。 ヒロ吉であった。 越後屋の跡取りで月に一度はメイのいる機屋にも必ず出入りしたのである。 口先の長けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日連話 「越後屋ヒロ吉物語」 その弐

破れ単衣に三味線抱いて、 ヨサレェヨサレェェと雪が降る・・・・。 仕置きの計画を耳にしたヒロ吉は、 「もはや、自分は姿を見せるべきにんげんではない」と悟った。 今さら越後屋の身代が欲しい訳じゃない。 世路衛門とPAN子が自分を邪魔者と考える以上、生きる道が変わったのだ。 ヒロ吉は唯一つ手にした三味線を抱え、上州へ向かう三国街道を歩む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日連話 「越後屋ヒロ吉物語」 その壱

不連続ブログ小説ついに登場!!  …か? 掲示板のころのように、遊べるでしょうか… この物語は、越後屋の跡取りとして育ちながらも、 そのあまりに破天荒な生き方に周囲を翻弄しつつ生き抜く 越後屋ヒロ吉の壮絶な生き様を描くドラマである…かも! 主な登場人物 ヒロ吉 : この物語の主人公、伝統を重んじる老舗、「越後屋」の倅 パン子 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本邦初公開っ!

昭和のアルバムの嫁入り模様の途中ではありますが、 此処でちょっと、一服。 ゚゚゚゚゚-y(^。^)。o0○ プハァー 私、THELONIOUSの昭和の肖像を大公開しちゃいます。 (大後悔にならなければいいんですが…(;^_^A アセアセ・・・) もちろん、昭和の時代の写真です。 昨年5月、Creamが再結成コンサートを行いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1955年(昭和30年)発売!

正月には実家に帰った。 久しぶりに昔のカメラでもいじるか…と、家の納戸を探したが見当たらない…? 親父に訊いてみると… 親父 「あ、あれか? シャッターの動きが悪いので、いつも世話になっている写真屋に修理に出して、そこの店にそのまま飾ってあるよ、売れるかねぇ~。」 私 「えっ!? う・売っちゃうんですか?」 親父 「もう、あん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月…のこと

あけましておめでとうございます はい、お正月でございます。 なんかね、紅白の音響がおかしくなかった? どうも放送に乗せる音声のミキシングやP.A.のセッティング・ミスだったのではないでしょうか…? いつも音楽番組はスタジオモニタースピーカを鳴らしているんですが、明らかに変だったよぉ~っ! 大晦日深夜に遊びにくる者共ありけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もお世話になりました…のこと

今年も残り僅か。 いつもお世話になっている小物たちを紹介してやりましょう。 まずは、やはり手帳。 この手帳はシステム手帳の〝ハシリ〟の頃から使っていて、 かれこれ20年以上は使っている。  上着の内ポケットに入る大きさが手帳の条件だと思うのですが、 システム手帳もバインダーが大きくなりすぎて、手帳の意味のないモノが多くなりました。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍵盤笑劇場

さてさて、明日は1日早い、ちびっ子たちの(と云っても中・高生もいますが) クリスマス発表会ですよ~っ! 我々も、ちびっ子たちの演奏に負けないように、しっかり練習しておきましょう~! とは言うものの…、寒くて なかなかやる気が出なかったりする… …で、今回の練習は、連弾の巻 ① ②  「あ、タイペイくんが来たキタ。」  「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマを見たよ…のこと

山田太一氏が、自らの厳しい戦時体験を次世代に伝えたいとの思いで執筆したドラマで、終戦60年特別企画として(テレビ朝日HPより)「終りに見た街」が昨日(12月3日夜)放映された。「野ブタ」と表裏の関係にあったので、とりあえずビデオ録画しておいたのを、今日になって見た。 そもそも、このドラマは1982年8月16日に放映されたドラマのリメイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨済宗 瑞石山 永源寺

かたみとて 何を残さむ  春は花 夏ほととぎす  秋は もみじば           [永源寺] 掲示板の方に、伊藤さんからいただいた写真です。 滋賀県にある、紅葉の名所「臨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご休憩 (フリータイム実施中)

いらっしゃいませ。 当館は、只今フリータイムサービスを行っております。 どうぞ、ごゆっくりおくつろぎ下さいませ。 尚、コメントは200までとなっております。 #0120
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寄り道をしたい…のこと

今日も、 横道にそれて、 寄り道をした。 山があれば 川がある、 ダムもある。 自然の織り成す色合いは美しい… などと言いつつ、私は植物の名前に疎い…。 なんたって、秋の空は高~い! 自然の滝だってあります。 これ以上近づけないのが残念! 宮ヶ瀬ダムの公式ホームページはこちら          ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーヒーブレイク

  秋も深まってきました。 ほっと一息ついていってください。   写真は、先週行った、裏磐梯、五色沼です。  ちょっと、レトロなコーヒーメーカー。 サイフォンとパーコレーターがひとつになったような仕組みです。 #0113
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

留守番ブログ ~ 秋バージョン ~

毎度、当ブログにお越し戴きましてありがとうございます。 私こと、明智 THELONIOUS 大五郎は、一身上の都合に拠り… 連休明けの11日(火曜日)から、暫く留守に致します。 本当かどうか確かめようとしても、当家の呼び鈴は鳴りません(電池切れ)。 居留守ではありませんので、ドアをガンガン叩くのはやめて下さい。 だからぁ~、やめてって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

News ! News ! News !

函館の五稜郭、新タワーは高さ98mに 2005年10月07日 朝日新聞朝刊(関東) じりじりとつり上げられていく五稜郭新タワーの展望台部分=6日、 北海道函館市で 北海道函館市の五稜郭の南隣に新しい五稜郭タワー(高さ98メートル)が建設中だ。6日、約1200トンの展望室がワイヤで頂上まで引き上げられた。時速5メートルでそろりそろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋祭りも近づいた、提灯を飾ろう

昨日、注文しておいた、祭礼用の提灯が出来上がったというので、 午後受け取りに行った・・ 「ゴメン下さい ! もう出来上がりましたか・」 「ハイ・いらっしゃいまし、いま金具を取り付けてますからチョッとだけ待ってて下さいねぇ」 「ねぇ・オバァちゃん、提灯作りはオバァちゃん一人でやってるんですか? 」 「まぁ、忙しい時は息子が少しは手伝って呉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝陽を浴びて…

朝です。 ひんやりとした朝の空気が気持いい。 早朝の国道を、陸橋の上から眺めた。 街は、眠ることなく動き続けている。 朝も、昼も、夜も。 この道は、何処に続いている? ご近所にこの花がいっぱい! なんていう名前かな?キバナコスモス?? これもご近所の路地に咲いていた花。 THELOも歩けば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もの思いにふける?

せっかくだから、菜っ葉ちゃんのお土産の写真で記事をUPしましょ。 函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花 しらなみの寄せて騒げる 函館の大森浜に 思ひしことども 函館の臥牛(かぎゅう)の山の半腹の 碑の漢詩(からうた)も なかば忘れぬ 「忘れがたき人人」より いのちなき砂のかなしさよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遊びましょ (^▽^)/

「なんのしりとり」も無事(?)終了いたしましたので、 ま、あれこれこねくりまわしても仕方ないので、 また、五・七・五で行きましょうか? ただ単にリズムとして五・七・五は面白みがでますよね。 伊藤せんせ、山茶花 鉢さんは得意中の得意な分野ですね。 ま、五・七・五になって無くてもいいですよね、 ちゃらんぽらんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more